windows10

docker install on Windows Subsystem for Linux

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade -y

$ sudo apt install -y docker.io

 

ここまできたらコントロールグループをマウントする必要があるようなので以下のコマンドを

$ sudo cgroupfs-mount

dockerのグループを追加します。

$ sudo usermod -aG docker $USER

dockerスタート

$ sudo service docker start

* Starting Docker: docker [ OK ]

バージョンを確認

$ docker version
Client:
Version: 18.06.1-ce
API version: 1.38
Go version: go1.10.1
Git commit: e68fc7a
Built: Fri Jan 25 14:33:51 2019
OS/Arch: linux/amd64

相変わらず下のエラーがでるのでWSLを再起動します

Cannot connect to the Docker daemon at unix:///var/run/docker.sock. Is the docker daemon running?

再起動後hello-world試して動けばOK!と思ったら

$ docker run –rm hello-world

docker: failed to register layer: Error processing tar file(exit status 1): invalid argument.

やはりまだWSLがMS_SLAVEをサポートしていないということで

dockerの17.09.0 以下のバージョンで動かすしかないようです。

一旦先程のdockerをアンインストールします。

手動でダウンロードとインストールします。

Hello from Docker!
This message shows that your installation appears to be working correctly.

今回は使いませんが、お試しでdocker-composeのインストール

 

インストール自体はできるのですが、いくつかのパッケージがインストールされていないと。。。

調べてみるとこのバージョンではdocker-ceのバージョンが18.09.2である必要が。

ということで現時点ではまだMS_SLAVEの問題でどうも動きそうにないってところで今回はタイムアップ!

また時期を見て挑戦したいと思います。

そもそもCUDA toolkitが現状Ubuntuの16.4か17.4にしか対応していないので

WSLで入れるUbuntuを16.04にした方がいいかもしれませんね(今更ながらに)。。。